駆け込み受験は結構大変

一番安上がりなのが、志望校を高望みしないで「駆け込み受験」する方法である。公立中高一貫校を志望した子にはこのタイプが多い。学校でそれなりの成績をとっている子なら、小学校6年生のときのみ通英語の勉強するだけで、志望校をゲットしている例も、実は少なくないのである。もちろん非常に優秀なら難関校も夢ではない。たしかに中学受験の問題は、学校で教わる内容からはかけ離れて難しい。しかし一応は学習指導要領で定められた範囲で出題されている。授業をきちんと理解している子は、基本的な問題は解ける。そして基本問題が解ければ合格基準に達するという中堅校は多い。100点を目指す必要はないのだ。

 

しかもここ数年、私立中学ブームを背景に、サラリーマンが住む郊外に私立中学が新設されている。そういう学校は、男女共学で、学力をつけることに重点を置いている。売上指導がきめこまかく、明るい校風で、制服もおしゃれという、今どきの親と子のニーズを満たしている。わざわざ遠距離通学させなくても、地元にいい学校があるというエリアが増えているのだから、そういう学校を選ぶことで、費用も時間もかかる無理な通英語の勉強もさせなくてすむ。自宅から通いやすい範囲で評判のいい学校をまず探すべきだろう。もっとも英語の勉強もめざとく、そういう私立中学校のある、急行の止まるような駅に、次々に新設しているので、これまで受験をあまり考えていなかったような親子まで取り込んでいるという現象が起きているというわけだ。そして、3年生向けの無料テストなどを受けて英語の勉強に通いはじめてしまうということになりがちだ。